石川の地酒を蔵元と楽しむ会

石川県能登半島より白藤酒造店・松波酒造さんをお迎えして、
お料理一品一品に合わせた日本酒を蔵元のお話と共に楽しんでいただく日本酒の会を開催します。

石川県といえば海の幸の宝庫!その土地で長年愛されてきた地酒と沖縄食材や加賀食材とのペアリングをお楽しみいただけるイベントです。

普段は聞くことのできないお酒造りの話や、能登半島ってどんなところ?などなど、酒蔵さんのある土地に想像を馳せながらお料理とお酒とのペアリングをお楽しみください。

【蔵元ご紹介】
●白藤酒造店「奥能登の白菊」
奥能登、輪島市にて江戸時代末期に創業、現在は九代目。少量生産で蔵元杜氏のご夫妻が醸します。2017年の6月~8月にはANA国際線ファーストクラスの提供酒にも選ばれました。

●松波酒造「大江山」
明治元年創業。伝統的な「和釜」や「木製の酒槽」を使い、寒仕込みを行なっています。「豪快な海の幸から甘いデザートまで、楽しく乾杯を広げたい」という想いで、日本酒のみならず能登産の果実・野菜酒もつくっています。

【ご予約方法】
ご予約は、くずし割烹 粋さんまでお願いいたします。
くずし割烹 粋
電話番号:098-996-4949
なお、既に10名様以上のご予約を頂いておりますので、
お早めのご予約をおすすめ致します。